敷居が低い投資の始め方

投資というととても敷居が高いもののように感じるかもしれません。始めるときには緊張しますし、やっぱり落ち着かないものですよね。
この場合、いろいろな方法があります。
敷居が低いやり方としては、毎月の積立があります。これは金・銀・プラチナなどの実物資産を積み立てるというもので、この場合はそれぞれの会社にもよりますが、毎月1000円や3000円から積立ができます。これは毎日その投資会社が金やプラチナを購入するための代金を支払い、自分の実物資産の口座に積み立てるというやり方です。
敷居が低いやり方のもう一つは投資信託です。実は投資信託の場合、月に500円程度から始められるプランもあります。これはそれぞれの信託商品の種類にもよりますが、その信託商品がどんなもので最低投資額がいくらか、ということに目を向ければ、毎月積み立てで500円から始められるものもあるということです。
また、投資をするときにいきなり数百万円をどこかに投資するのではなく、あくまでも数万円程度から始めたり、少しずつ始めてもいいでしょう。無理をして一つのところに大きな金額を預けてしまうと、そこが暴落した時に大きな損が出るのです。このような損を防ぐためには、毎月少しずつ始めるのも方法です。逆にたくさんお金があるからといってすべてを投資しようとしたり、いきなり全ての金額をどこかの商品にしてしまうのは良くない選択でもあります。
このため、一番堅実なのは最終的には定期預金、ということになってしまいます。定期預金はペイオフの対象となり、増える幅は少ないのですが一番堅実です。心理的にも抵抗が少なく、数百万円を預けるのならとても良い選択となっています。

■目をつけるべき株とは?
旬の注目株