投資は情報が全てである

投資は、資金を投じて利益を得るというものです。投資といってもいくつかの種類があり、株式や為替などを対象に行う金融商品や、不動産や貴金属など実物資産を対象に行うものなどがあります。一般的には、将来の値上がりを期待する、または継続的な利益を生み出すことを期待して行うことになりますが、いずれにおいても不確実性(リスク)が伴うため安全なものは存在しません。
この安全性を高めるのがさまざまな情報になります。いち早く必要な情報をつかむことで莫大な利益を得ることができますし、不意の事故から損失を最小限に抑えることができます。このため投資情報を専門に提供する業者も多く存在していますし、また証券会社など金融商品を取り扱う業種においても顧客への情報提供が主な仕事となっています。

情報は人より先んじたものを得ることで、利益を得ることができますが、情報にもリスクが存在しており、必ずしも提供されるものが正しいものとは限りません。特に速報性の強いものほどその傾向は顕著になります。また多くの人間が共有する情報と少数の人間が共有する情報でも格差が生じることになりますが、ケースバイケースの場合もあります。つまり株式投資の場合にはより多くの人がその情報に接することで、購買力が高まったり反対に売却力が高まったりします。その一方で不動産投資などの場合には将来の再開発情報などが多くの人に知られてしまうと購買力が高まり地価が上昇してしまい、得られる利益が減ってしまいます。
このため投資を行って成功するためには投資の目的に応じた質の良い情報を手に入れる必要があり、またその情報が正しいものであるか判断するだけの知識と経験が必要になります。